人気ブログランキング |
保護猫の譲渡条件て?

日曜に、マツタケ君の里親希望の独身男子Wさん(27歳)と

チーム・にゃんのヒゲ責任者のトミーさん、

スタッフのぶんさんに来ていただいて会ってもらいました。


Wさんとは夏頃からメールのやりとりが少しあって、

ひなたぼっこも見てくださっていた方ですが、

先日の面会で初めてお会いしました。


いまいっしょに暮らしている1歳2ヶ月の猫ちゃんが

かみ癖があるので弟分と遊ばせて直したいことと、

仕事中の留守番の遊び相手に、とのことです。


メールでは「やさしそうな方だなぁ」

「今いる猫さんを大事にしているし、慎重な考え方をされるな」ぐらいの印象でした。


でも、会ってみたらわたしの想像以上にすばらしい青年でした。


野良猫の置かれている厳しい現実や

殺処分を減らしたいとゆう考えを持ってくれていますし、

ショップで買うのではなく、

保護された猫を家族に迎えて助けたい、という気持ちの強い方でした。

それはご自分が幼稚園のときから猫といっしょに育ち、

お母様の教えがおおきな影響を与えていると感じました。

ご実家のお母様は保健所からひきとった猫2匹と暮らしてらっしゃいます。

彼が1人暮らしをはじめたときに

保護猫ならいいよ、なにかあったら応援するから。と言ってくださったそうです。


動物病院の近くのペット可のマンション(2LDK)は充分な広さですし、

写真をみせていただいたらきれいなお部屋でびっくりしました。

うちの2階なんか恥ずかしくて見せられないです;;

コードも猫が遊んじゃうとあぶないからだしたくないと!

泊まりで留守にするときは知人が世話をしてくれるそうです。

先住猫ちゃんも「とってこい」ができます。

よく遊んでくれているからでしょうね。


わたしは、この方にマツタケをお願いしたらきっと幸せになれると

心から思いました。

ぜひ、家族にしてやってほしいと。


でも、、

そこに

「チーム・にゃんのひげ」の「譲渡条件」が立ちふさがりました。


「単身者は譲渡不可」!!


どうしても「条件」の方が上らしいです。「人」よりも。

どれだけいい方であろうとも。

例外をつくりたくないとの「信念」らしいです。



全くあたらしく会を立ち上げたばかりの「にゃんのヒゲ・チーム」は

強い信念で「すべては猫のため」と頑張っていらっしゃるので

わたしも微力ですがお手伝いをしたいという気持ちでおりました。




彼はわたしよりも理解があって、

きっと悔しかっただろうとおもうけど、、

「わかりました。団体でやっていくにはそれぐらいの

厳しさが必要かもしれませんね」と。


でも、、わたしは

やっぱり「条件」より、まずその「人」だとおもうから。


里親さがしの協力はマツタケ君で最後にしたいと思っています。

とってもとっても残念です;;

かなり凹みました;;




Wさんのバッグがっ!!

「むむむ、、、怪しいにほい、、、」

d0071596_21531532.jpg

d0071596_21543360.jpg
二人でいっしょに首つっこんでます!!



「健とマツタケ君の運動会」



「シッポで遊ぶマツタケ君」


「とってこいのできるマツタケ君」里親様募集中!!


by ankokinako | 2016-12-26 22:17 | 譲渡会・フリマ・里親募集 | Comments(25)
Commented by ひかげ at 2016-12-27 11:13 x
う~~む。。。
いろいろと大変ですね。
私も、悟天を迎える時、いろいろな譲渡会に行き、チャトラの子猫を探しましたが、「共働きで留守番時間が長い」というところに引っかかりました。

悟天は、たまたま近くの公園で行われていた譲渡会で出会ったのですが、その団体の方が、私の場合、猫飼い歴が20年、15匹以上あり、先住猫のひかげ先生がいたことで、猫慣れしているという事で何とか合格。
今では、悟天はやはり我が家に来る運命だったのだと思っています。

花林の時も、あちこちのネットで探し、気になる子がいたら、メール。
何件もお断りされ(やはり共働きがネック)、ようやくれいさんの所で花林と出会いました。ありがとうございます。

たぶん、うちは埼玉県で遠いし、れいさんも悩んだことと思います。
それでも、我が家を選んでくださったこと、本当に感謝しています。「縁」って絶対あると思います。
逆に、すこしでも「ん?」と思った方はやはり「ご縁」がないのかもしれませんね。

まつたけちゃん、その男性の方でしたら、良かったのにと私も思います。
何でもマニュアル通りにはいきません。
何もしていない私が云う事ではないのかもしれませんが、第六感も大切なのではと思います。

れいさん、大変だと思います。お察し致します。
フリマ用の荷物は送らないでこのままにしておきますね。
Commented by ustamd at 2016-12-27 12:39 x
こんにちは。いつも楽しく拝見しています。

ハタから見ているとこれは例外を作る作らないの話ではなく譲渡条件を見直すべきなのだと思います。

「単身者は要相談(お断りする場合もあります)」

とかね。物議を醸すというのはルールを見なおす
良いきっかけと前向きに捉えたいところです。


例えばその単身の男性が、道端でうずくまっていた子猫を保護して頑張ってこれから育てていこう
というような話になったとします。その時チームの方々は要請があれば支援を拒否することはないだろうとも想像するわけです。
Commented by nene at 2016-12-27 14:05 x
う〜ん、難しくですね。
どっちがマツタケ君の幸せの為かなんて、未来が見え無い私達にはわからない事ですし。
私はreiさんの勘?みたいなものを信じてもいいかと思いますが、トミーさんとお話しした事ありますが、猫に関してとても熱い方ですからね。

こういうのって、タイミングとかあるし、今回が駄目なら次にって簡単に気持ちが切り替える事ができないけど、その男性の方、reiさんとの縁が繋がっていれば、またチャンスがあると思います。

それぞれ考えの相違って難しいですね。
皆、幸せな猫を増やしたいというの気持ちは一緒なのに。

丁度どうしたらいいか連絡しようと思ってましたが、私もフリマ用の物、暫く家に保管しておきます^_^
Commented by mininitto at 2016-12-27 14:12
今の世の中、家族の形態がどんどん変化していて、何事も一概に単純にはくくれないのではないかと思いますが、、、。

次女夫婦にも3匹の猫がいますが、最初はまだ結婚していない状態の時からでした。
私ももしもの時には猫達をどうするか、きっちり決めて安心して暮らせるようにしなければ飼ってはダメとしつこく念押しをしました。

幸い今はちゃんと結婚して留守番も多いけど3匹とも仲良く幸せに暮らしています。

何が猫にとっての幸せかを考えたら、ただひたすら飼い主の愛情と考え方次第だけだと思う。
確実にお腹が満たされて、暖かい家があって、その後も成長を知らせてくれる優しさがあればきっと大丈夫じゃないのかなあ。
Commented by ankokinako at 2016-12-27 15:16
>ひかげさん
このところのごたごたで…ご心配おかけしてます;;

ひかげさんも、そんなに譲渡が難しかったんですか、、、
ネットで知り合ったアメショーさん2匹のお宅も
ずっと保護猫の申し込み何度もしていて
共働きはダメといわれとうとうショップで買ってましたね。
都会で共働きでないおうちってそんなにあります??
現実離れしてますね。

花林にお申し込みいただいたとき、
まず、埼玉って行ったことないから楽しみ〜〜って思いました!!
じゅんこさんがナビ係で隣に乗ってくれたので
ドライブも快適でしたよぉ!
ひかげさんのブログを拝見して、
間違いのない方たちだとわかりましたし、
トライアルもナシでお願いしてしまいましたよね!
クリスマスの日でしたね。
伍天にいちゃんがシャーもいわずに、
興味深げに寄ってきてくれて、すぐに遊びだしてびっくりしました。
猫大好きで人に甘えるのがヘタなコだったけど
やっぱり、運命のおうちに迎えてもらったな、と思います。

フリマのことは今、考え中です。
もうすでにたくさんの物品があつまっていますので
それを生かして行きたいとおもってますが
フリマの友だちと話し合って決めます。
結論が出るまでもうしばらく、、おまちくださいね!
お気遣いありがとうございます!!


Commented by ankokinako at 2016-12-27 15:29
>ustamdさん
いつも見ていただいてありがとうございます。

いつもなら「単身者」はすぐにお断り、だったところ
会わないでことわるのはやめて欲しい、と談判して会ってもらいました。
会って「人となり」がわかっても、「ルール」を曲げない。
ましてや「ルール」を作り替える??
たぶん、とんでもないとおもうでしょうね。
信念もってますから。

たとえ話のような件で
支援を断るようなら人間じゃないですね。
もちろん、断るようなことはないと信じます。
自分たちの保護猫を譲渡するかしないか、、とは別の話ですから。
Commented by ankokinako at 2016-12-27 15:33
>neneさん
ご心配おかけしてます;;

譲渡条件も大事ですが、
個別に判断する力がこんどの会の人達にはあるので
その能力を充分に発揮していただきたいと思います。

フリマ用品は「ひかげさんへのレス」にもかきましたけど
これからフリマ支援のスタッフと話しをして決めます。
もうしばらくおまちくださいね〜〜!
すみません、せっかく用意してくださったのに;;
Commented by ankokinako at 2016-12-27 15:47
>ミニニットさん
なんだかね〜〜〜、、
わたしは応援したい気持ちがショボンとなってしまって
ガックシですわ;;
私が保護したコだったらよかったのになぁ〜〜〜!!
あ〜〜〜〜、、悔しい!!!!
よりによって、わたしの知り合い、、いろいろきいてみたけど
ちょうどいい年頃の子猫がいないの;;
かみ癖直すのは仲間がI番だからね!!

娘さんトコはみんな猫好きだし、楽しそうですよね〜~♪
よかったぁ。。おかあさんの教育がいいから!

今度の彼にも猫好きのお嫁さんもらって
猫といっしょの楽しい暮らしを送ってほしいな。
Commented by づんづん at 2016-12-27 19:10 x
れいさま

いつも 前向きなれいさんが へこむくらいですから
ほんとに残念でしたね。
 

動画、いつもたのしみです。
運動会の健ちゃん、かなり、ほんきモード (笑

マツタケくんの、スルリ!スルリ、、、の手つきがキュート。
健ちゃん、さすが、、、、シッポをつかませない?  ですね。
Commented by nene at 2016-12-27 19:18 x
いえいえ、お気になさらないでください^_^
たった数回しか会っていないのに、こんな事言うのは変かもしれませんが、私はreiさんが好きで、微力ながらも何かお手伝いしたいと思っているだけですから、心配ご無用です。

Wさんには、いいご縁が見つかればいいですね。
暫くしたら、子猫の季節になるのでそれまで待っていただけるのかな?

とにかく、私はreiさんを陰ながら応援してます!
Commented by ひかげ at 2016-12-27 20:02 x
れいさん、ありがとうございます。

悟天の時より、花林の時のほうが大変でした。
都内の保護団体様のネット募集を見ては、メールをしたり、実際に譲渡会に足を運んだり。

悟天はヒカゲ先生が亡くなって、私が仕事に行くときもすごく鳴くようになってしまい、これは弟が必要だと探し始めました。

都内の保護団体様は、まず、東京23区内でないとダメ、とか、保護団体さんのある場所の半径何十キロ以内じゃないとダメ、とか、私の場合、条件がほとんどNG(´;ω;`)

実家にいた時は、15匹ともに、すべて自力で保護した子たちばかりだったので、公園や川の土手に探しに行ったりもしました。

「いつでも募集中」の「関東」をあきらめ、思い切って「東海」を見て、れいさんの所の花林にたどり着いたわけです。

皆さん、かわいい猫たちの将来を考えてのことですのでなんとも言えませんが、保護ネコさんたちが、それぞれの赤い糸で幸せになってほしいなぁと私は思っています。
Commented by don4444 at 2016-12-27 20:40
例えば一口に「猫好き」と言っても実際はその中身は千差万別ですよね。
いろいろな「猫好き」な方と話しをするとそのことを痛感します。
たぶん、シビアな局面になればなるほどその「差異」が明確になるような気がします。
漠然と「猫好き」というキーワードでつながっていても、例えばぼくとreiさんがシビアに意見をぶつければそこには差異が表面化することでしょう。
「同じ猫好きなのに何故?」とその時、考えるわけです。
たぶん、双方共に猫のためを思ってよかれと思う選択をしようとしているわけで、悪意をもってアクションをおこしているわけではないと思うのですね。
では、何が違うのかをぼくなりに考えた時、それは優先順位がちょっとばかり違うからだろうって思うんですね。
もちろん、世の中、広いから「ちょっとばかり」で済まない人にも時には出会います。(↓に続く)
Commented by don4444 at 2016-12-27 20:41
「猫にとってベター(ベスト)な選択」というのもなんとなくわかったような気になりはしますが、これまた掘り下げるとなんだか曖昧な話です。
少し前に獣医さんかなにかが「貧乏人はペットを飼うな」と発言し炎上したニュースがありましたが、側面的には正しくて、違う側面から見れば間違っている気がします。
当然のことですが金持ちの家で暮らす猫は幸せで、貧乏人の家で暮らす猫は不幸せだと単純に分けられないのは誰にでもわかることです。
ただ、動物の治療にお金がかかるのは事実ですから、医療的なフォローを受けやすいのは金持ちのほうかもしれないという言い方はできるかもしれません。
もっとも、それにしたって貧乏人でもすべてを投げうって猫を助けるための治療費を払おうとする人もいるだろうし、金持ちならさっさと新しい猫に乗り換える・・・なんて人もいるかもしれません。
猫の幸せってなんだろう?って考えることはきっと大事なことでしょう。

コメントのなかでひかげさんが「縁」という言葉を使っていましたがぼくも同感です。
人が猫を選んでいるようで、実は選ばれているのは人のほうじゃないだろうかってよく思うのです。
すべての猫が「運命の人」に出会えるわけじゃないけど、「運命の人」に出会えた猫はそれだけで幸せな気がします。それ以外のことは極端な言い方をすれば「おまけ」のようなもので実はたいして重要なことではないんじゃないかとさえ、ぼくはこの頃、思うのです。

・・・そういう考えもたくさんある意見のうちのひとつに過ぎません。
だからぼくは基本的に「組織」を好まない一匹狼です。
Commented by ankokinako at 2016-12-27 20:55
>づんづんさん
健とマツタケくんは毎日、
くんずほぐれつ、、、でとっくみあいの、、おにごっこの、、
も、大暴れです♪
健のウエストがちょっとくびれてきました♪

健はわざと、ゆらりゆらりとシッポをゆらしてます。
あきらかにじゃらしてましたね。
Commented by ankokinako at 2016-12-27 21:03
>neneさん
応援ありがとございます〜〜♪
ちょっとテンション上がってきました♪!
Wさんとこの先住さんのかみ癖、
早く直してあげたいものねーーー。
秋生まれの子達が3~4ヶ月になるころだから
これから保護したり預かることあるかもね。
待っててもらえるといいなぁ〜〜!
Commented by ankokinako at 2016-12-27 21:16
>ひかげさん
長くいっしょに暮らした子達の片方がいなくなることは
残された子にどれだけの不安を与えるかしら;;
その寂しさは、
猫同士でなければ埋めてあげられないように思います;;
こんなちいさなマツタケくんも、
兄弟姉妹がトライアルでいなくなったら細い小さな声で時々鳴いていました。
今まできかなかったような心細い声でした。
健がいてくれてよかった。。と思いました。
ひとりになってから健にべったりになりましたねーー。

そんなに、、保護猫迎えるって、、
難しいことなんですねぇ。
関東の厳しい条件のおかげで
我が家の花林にたどり着いてもらって、
まぁ、、ラッキーだったかなぁ!?
その厳しい条件にありがとう!といわなきゃぁね!!

はい。Wさんにも,マツタケにも
きっと赤い糸のご縁があると信じてます!
ありがとございます!!
Commented by ankokinako at 2016-12-27 21:37
>don4444さん
ほんとに、おっしゃるとおりです。
貧乏でごめんね、、といいながら
我が家は暖房費節約して
猫ベッドに湯たんぽいれて、
わたしはエスキモーみたいに着ぶくれして
猫をヒザに乗せて暖を取ってます♪

医療費頑張って払って、、(いまもあんこが病院通いだし)
あとはちりめんじゃこでご飯です;;
我が家の優先順位は猫!キャットファースト、だからね。
貧乏でも、猫たち一緒に入れて幸せって顔してくれてるよ♪
ソレでいいんだよね。

でも、お金はあった方がいいですよね〜〜〜、、やっぱ。

そういえば、、健がうちに来たときは
ふらふらしながら我が家を選んでやってきた、、、?
わたしはヤツに「選ばれた」のか??
ううむ。
そうかもしれない。

Commented by なると at 2016-12-28 00:25 x
同じ猫好き。猫のために何かしたい。1匹でも多くの・・・
って、みんな同じように思っていても、考え方は、そこから枝分かれしていくね。
自分の思い、出来る事をやっていくしかないと思う。
わたしなんて、単身だし、仕事でほとんど家にいないし…
ついでにお金もないし…
でも、うちの猫たちは立派に育ったよ!
うちに遊びにくる猫好きさんが、
「愛されてるね~。見ればわかる」
って、言った人がいました。
猫は正直好きではなかった。もちろん、パーマンが初めての猫飼い。
失敗もあったけど、今、パーマン・なると様と幸せに暮らせるのは、reiさんはもちろん、他のボラ仲間のおかげもあります。
これからも、いろいろあるかも…だけど、出来る事でのサポートはさせてくださいね。
Wさんには、彼らを選んだ猫ちゃんがきっと現れると思います。
がんばりましょう!
わたしが初めて保護した花林・あられ。reiさんのおかげで、幸せを掴んで感謝してます。
Commented by ニャンコ at 2016-12-28 01:32 x
譲渡条件独身者不可、それはおかしいですね。
男女問わず、年齢問わず、事情色々ありの独り暮らしゆえにペットを飼いたい人も多いと思います。
飼うからに責任感が伴いますので、その為に譲渡時には個人面接をしているようです。
飼う側としては、不在時並び家を空ける時のペットの世話まで考えての上、と思います。
この機会に規定を見直すべき、と思います。
Commented by ankokinako at 2016-12-28 11:38
>ニャンコさん
アメリカでの事情はわかりませんが
アニマルポリスのあるお国柄だから
ペットの譲渡もそれなりに厳しいんじゃないかと思います。
それに、ペットの医療費がずいぶんと高いって言ってましたよね?
ペットを飼いたい、飼えるおうちは限られた層になってきますね?
もう、譲渡条件うんぬんより、、
そこら辺でアメリカでは「ふるい」にかけられそうですよね〜〜;;
生涯飼育は当然のことですが
だれにでも、予期せぬリスクはあります。
そのリスクを避けるために、
慎重によりリスクのすくない飼い主さんを選ぼう、となるわけです。
リスクをさける担保はどこまであればいいのか、、、
いや、その担保すら関係なく、頭から拒否なのか。

そこの判断基準がそれぞれ違うので
今回わたしと噛み合わなかった部分です。
Commented by ankokinako at 2016-12-28 15:09
>なるとさん
なるととパーちゃんの相性が良くてほんとに
よかったねーー!
パーちゃんは優しい子だからなるとの言いなりみたいで
なるとが女王様!ぱーちゃん召使い。
笑える凸凹コンビ!
単身者でも60歳以上でも、
しっかりとしたサポートするひとがいてくれれば
OKじゃないかとわたしは思います。

かみ癖対策はやっぱし猫だからねーー、、
どこかにちょうどいい遊びたいさかりの子猫がいればお世話したいわ!
Wさんは仲良くさせていただきたいキャラでしたよ!
ともちゃんにも会わせたい!
Commented by ikepu at 2016-12-28 18:46 x
早くに親兄弟から離された、噛み癖のひどい子を飼ったとき…
噛まれた猫はギャッと鳴き、その声を聞いた猫は噛む力を緩める。それを繰り返すことで力加減を学ぶ。
とどこかで見たので、噛まれて痛い時は猫がビックリするぐらい大袈裟に痛いと叫び、ひるまないで噛む時は、ギャッと鳴くまで噛み返してました。
その効果か、単に猫が大人になっただけか、真相は猫本人に聞かないとわかりませんが、噛み癖はおさまりました。

Commented by ankokinako at 2016-12-28 22:10
>ikepuさん
まったく、その対処法は正しいと思います。
猫同士だったらお互いにガブガブしあって
鳴いたり鳴かされたり、逃げたりおっかけたり。
あそびの一環で自然に覚えます。
遊び相手がいないで育った子に
人がおしえるのはまず、
「痛い」とさけンでびっくりさせる。
それでもひるまなかったら。。。
おなじように「噛みつく」!!
でもさぁ、、この「噛みつく」のができれば
わたしゃ猫になってるよぉ;;
ほんとに「噛んで」おしえたの??
ギャって鳴くまで??
すごいねーーーー!!
覚えるまで、相当キズだらけになったでしょ??
リスクもあるなぁ;;
ikepuさんのような猫人間がいないおうちはね、
遊び相手の仲間を作ってあげることだよね!!
五輪ちゃんは我が家で1カ月の隔離生活でひとりぼっち。
人慣れさせなきゃぁとわたしが背中を撫でると
くるっとひっくり返って
手をおもちゃにしてケリケリするは、ガブガブ噛むは、、、
もう、怖くてさわれない、撫でられない、、
ちかよってきても、触ったとたんにがぶがぶ!!
トライアルが決まっていたのであせりました;;
やっと隔離がとけてリオちゃんと取っ組み合いしてあそびだしたら
2日目から私が触っても体がひっくり返らない!ガブガブしない。蹴らない!
劇的にかわってびっくり!!
トライアルのときには立派に甘噛みになって里親さんに渡せました。
かみ癖あったら、
ぜひ、友だちを作ってあげてほしいな〜〜!
Commented by ikepu at 2016-12-29 09:46 x
背中の皮にガブッと…(^-^;
猫好きとしては効果があったと思いたいけど、1ヶ月ぐらい続けてようやく収まったので、真相は猫が成長して落ち着きが出てきただけだと思います。
もちろん怪我させるほど噛んでは無いですが、口の中が毛だらけになるだけで、効果的でもないので、おすすめしません。まぁ、そんな噛み返す変人はいないですよね…(苦笑)
Commented by ankokinako at 2016-12-29 11:42
>ikepuさん
ふ〜ん、、背中にねぇ。
そりゃあ、口の中、毛だらけだねっ;;
1ヶ月噛んでたら治ったなら、
わたしは「変人効果」があったと思うなぁ。
成長とともに治る場合もあるけど、
なにも対策しなかったら
大きくなっても治らない、って話しを
何度も聞いてますから;;
夏でも素足にスカートは絶対ダメとか、、
足に飛びついて来てガブガブかまれるんだって。
その子の背中をなでられるのは寝ているときだけだって、、言ってた;;
それもちょっとさびしい話しだね;;
できたら安心して抱っこしたり触ってあげたりしたいもの。
<< あんこときなこのハート寝&腕の... Merry Christmas... >>


最新のコメント
>ぐーやまさん 健の残..
by ankokinako at 23:24
こちらこそいつもありがと..
by ぐーやま at 21:32
>>鍵コメさま 承..
by ankokinako at 14:47
>じゅんこさん ジェッ..
by ankokinako at 11:48
龍馬くんのケアありがとう..
by じゅんこ at 03:35
>だ!さま 健はね、寂..
by ankokinako at 10:53
ラスクとほたて・・トライ..
by だ! at 09:54
たぶん、花芽ですよね〜〜..
by rei at 01:18
我が家のストレリチアは日..
by みににっと at 23:54
>じゅんこさん あら。..
by ankokinako at 18:09
Link
『ホームページ』
 ★『イラスト村松麗子 rei-note』

にゃんわんプロジェクトへ

『里親さま』
●はんぺんダイアリー
●ミニニット
●仏師・金丸悦郎の挑戦
●猫とプリンセス
●MERU HOUSE
●まるこの気まぐれ日記
●いつもそばにメルタック
●るるんぶにゃぁー
●レオとアルの猫パンチ。にタックンの手も借りたい
●ねことコーヒー
●静岡市発 熱帯魚 水草飼育記録
●にゃー静岡のブログ(らんちゃん)
●はちわれボーイ「ココ」
●茶々日和




『チームにゃんのひげ 猫SOS』
●にゃんのヒゲ(トミー)
●カムイとノンノと王子と母ちゃん
●猫27匹多頭飼育崩壊SOS静岡
●猫ねこスマイル

『里親サイト』
●いつでも里親募集
●ネコジルシ
●ペットのおうち


『お気に入り』
●とも猫の気まぐれブログ
●ねこ電車(ikepu)
●野良猫劇場
●お気楽福さん
●猫23匹と自然もいっぱいの我が家~京さん
●アミーの部屋
●1きん3ねこ
●まことくらしてます
●Dirty Kellie Crazy Bucky ぐーやまさん
●こたろう&さくら&元気&ビーズ
●猫嫌いのブルーとネコのいる風景
●招き猫「ぷ~」のひとりごと
●一期一会。
●パピちゃんのうききっきー日記
●トランスレーション猫s
●ぶしろぐ
●あみぐるみ牧場
●サマンサのひなたぼっこ部屋
●猫ライフブログそれゆけ「ちぃ君」
●本日は晴天なり…ん?
●巴里の東雲 森の黄昏
●Animal3rdEyes
●きょうもぶつくさ
●くるねこ大和
●杉本彩ブログ
●中川こうじ「のらねこ」
●犬と猫と人間と
●猫ひきとりました
●弁護士佐藤光子
●動物たちを守る会ケルビム
●可南ギャラリー
●小さなチカラ/アイとセリ
●秘密結社 猫の爪
●凛冽と愉快な仲間達
●ふくろうおじさん
●売れ残りイヌと拾いネコの日常
カテゴリ
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
画像一覧